読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただのつぶやき

FMSに関する情報を発信していこうかなと思います。

第8.5問 ソートの話(なんかおまけ的な話)

Java(Processing)における辞書的な順番はUnicodeであると

前回(第8問 ソートの話 - ただのつぶやき)、調べたところ分かったのだが、

じゃあ、「Unicodeは何を基準にして並べているのだろう?」と思ったので調べてみた。

 

普通数字は当然ながら

0<1<2<3<4<5<6<7<8<9

であることは、小学校から知っている。

 

では、漢数字はどうだろうか?

実は、Unicode上では

一 七 三 九 二 五 八 六 四 零

となる。

 

なぜこうなるのだろう?

読み方か?訓読み?音読み?それとも画数?

どれも当てはまらない。

 

あと他に、漢字の構成する要素として何があるか?

 

 

 

 

 

…部首があった。

それぞれの漢字の部首はこうだ。

部首「一」
一 七 三
部首「乙」

部首「二」
二 五
部首「八」
八 六
部首「口(くにがまえ)」

部首「雨(あめかんむり)」

 

 

お。これはいけそうだ。

 

それじゃあ、同じ部首内での順番どうだろう?

同じ部首の「一」で並べてみると、


上 一 丑 三 丁 並 世 七 丘 両

一 丁 七 三 上 丑 世 丘 両 並

となった。

どうやら、順番は、部首以外の画数の小さい順のようだ。

部首以外の画数が同じ字同士だと音読みもしくは訓読みにおける50音順みたいだ。

丁「ちょう・てい」→七「なな・しち」

三「さん・み」→上「うえ・じょう」

丘「おか・きゅう」→世「よ・せい」

音読みか訓読みかどっちにするのかそこの基準はなさそうだ。

 

同じ画数の違う部首になると、

一 了 中 久 丸 乱 乾

一 中 丸 久 乱 乾 了

のようだ。

法則性はなさそうで、決まりみたいなものだろう。

 

 

 

結論として。

Unicodeにおける漢字の細かな順番は、

部首の画数で決まっていくということだろう。

同じ画数の部首では、何かしらの決まりのもとに順番が決まっているみたい。

同じ部首内では、部首外の画数で順番が決まり、

同じ部首外の画数では、決められた漢字の読み方で50音順といったところだろうか。

 

以上おまけ的な話でした。